MTゆうゆう会ハイキング
5月11日 浜離宮恩賜庭園  20名    

 

 MTゆうゆう会ハイキング幹事から4月はじめに「浜離宮」のお誘いメールが来ていたが、体調が気になり返事を遅らせていた。5月5日の裏M「八重山」も何とか歩き通せたので遅くなったが新開さんに参加メールを送った。
 快晴の当日、集合場所の新橋駅西口SL広場に集まったのは20名。切りが良い数字だ。


新橋駅前のSL広場

10時になったがあと一人の来るのを待つ

 烏森口から新橋駅を通り抜け、ゆりかごめ駅高架下を歩いて汐留シティセンターの間を通過する。ミストを噴き出す噴水のようなモニュメントがいきなりドン!となって人を驚かす。汐留北交差点の周囲は大規模工事をしていて交差点を渡るのも大変だ。お昼のランチを予約している「カレッタ汐留」の高層ビル(47階)の脇を通って大手門橋を渡ると、やっと浜離宮の大手門出入口に着いた。


ミスト噴水 真夏なら大歓迎だ!

大手門出入口

 20名から「団体割引」、65歳以上は120円だ。一般が300円、65歳以上が150円だから30円安くなっている。
 Wikipediaによると次のように紹介されている。

 浜離宮恩賜庭園は、東京都立庭園である。
 東京湾から海水を取り入れ潮の干満で景色の変化を楽しみ、潮入りの回遊式築山泉水庭。江戸時代に庭園として造成された。園内には鴨場、潮入の池、茶屋、お花畑やボタン園などを有する。元は甲府藩下屋敷の庭園だったものが、徳川将軍家の別邸浜御殿や、宮内省管理の離宮を経て東京都に下賜され、都立公園として開放された。
 近年、かつて園内にあった複数の建築物の再建計画が進められており、2010年に「松の御茶屋」、2015年に「燕の御茶屋」の復元が完了した。2018年4月に「鷹の御茶屋」も完成した。

 庭園の入ったところで幹事の新開さんから挨拶と点呼があった。はじめは揃って散策を始める。


幹事の新開さんから挨拶と点呼

どちらから見て周ろうか

周囲の高層階ビルが高さを競っている

鴨場を見て周る

 南に向かって野外卓広場を見ながら新銭座鴨場を覗く。ここでやってくる鴨を鷹に襲わせて捕獲していたことがイラスト入りの看板に書かれていた。
汐入の池(大泉水)を背景に集合写真を撮った。池の中央に昔風の御茶屋があるので橋を渡って行ってみることにした。名前の通りお茶と和菓子を紹介しているがお客さんは欧米人がほとんどだった。


ここも鴨場の監視場らしい

池の中央に風雅な御茶屋が目を惹く


大泉水を背景に集合写真

 中島の御茶屋からお伝い橋を渡ったところに立派な藤棚があり、その向こうに真新しい茅葺の庵があった。今年の4月20日から公開がはじまったという。中に入ると女性のガードマン(?)がいろいろ説明されていた。「鷹の御茶屋」は江戸時代、将軍が鷹狩りを行う際の、待合いや休憩所として利用されたたてもので、今年3月に復元されたものだった。ラッキー!


真新しい「鷹の御茶屋」

茅葺屋根が見事だ

  汐入の池(横堀)の御帝山(おちんやま)に登った。浜風が少し冷たく感じた。つつじがまだ彩を奏でている。しばらくみんなで佇んでいたが、まだ時間はたっぷりある。13時10分に出口で集まろうと申し合わせて自由散策に切換えた。


御帝山はつつじの山だ

高層階と庭園の対比がおもしろい

 私は一人、水上バスの発着場に行ってみた。4年前、山仲間と浅草から隅田川クルーズでこの場所で下船して浜離宮を探索した記憶を思い起こそうとしたがなかなか思い出さない。数十年前の古い記憶は思い出すのだが新しい記憶は遠のいていく。歳をとったのだろうか。
 自販機で冷たいお茶をかって一口飲んだ。そう云えば自宅を出てから一度のトイレに行っていないが、今もその気分ではない。やはり汗をかいているのだろうか。
 まだ時間はたっぷりある。地図ではお花畑、ボタン園と記してある方向に歩いて行った。ひっそりとした旧稲生神社があり、その先に今は更地になっているお花畑、花がなくなったボタン園があった。大きな藤棚の下にベンチがあったので座ってぼんやりと遠くを見ていた。


4年前も三百年の松と云っていた

 30分もいただろうか、他のメンバーの一人二人とやって来て、ほとんどの仲間が屯して歓談する場となった。お花畑を小さなトラクターで整地しているのがおもしろくしばらく眺めていたが13時に近づいたので、「三百年の松」を眺めながら出口に行った。

 13時10分、途中町内会の用事で途中から帰った幹事の小島さんを除いて19名でランチを予約してある「カレッタ汐留」に向かって歩き出した。工事中の交差点は相変わらずの混雑だ。ビルは電通本社ビルと複合ビルだ。愛知万博のNHK施設は電通が対応することとなり、私も打ち合わせで何回も訪れたビルだ。スケルトンのエレベータがビル壁を走るように上下する姿は未来都市を思わせるものだった。
レガッタ汐留はこのビルの東北側の商業施設で、最上階の46階がレストラン街だ。



 新開幹事が予約した「ソラシオ」で平日ランチと生ビールで乾杯した。


東京湾が一望できる

私は仔牛のカツレツ

 今日もいい一日でした。
 新開さん、小島さん、お世話になりました。



私の歩いたコース図(水色)