早春の京都・大阪 古を訪ねて
京都陵と疎水探訪−大阪百舌鳥古墳群
2月27日〜3月2日      7名 
 

 旅が近づくに従い春の嵐も近づいてくる天気予報だが如何ともなし難い。
 ひかり507号車の自由席で行くことにしたが、東京駅で渋井夫妻、平井さんが2号車の席を確保し、品川駅で高橋さんが乗り込み、新横浜駅で恭子と私が「しゅうまい弁当」を7つ購入して合流した。小田原駅から松原さんが乗って来て7名が揃った。 名古屋駅を通過してお弁当を食べ、京都駅着後、アパホテルに余分な荷物を預けてタクシーで泉涌寺に向かった。以下、日程に従って各日付をクリックすると詳細な行動を示している。

日 程

行 動

備 考

1日目(2月27日)

京都駅着後、午後から泉涌寺・桃山の陵を参拝する

 <18,000歩>
 アパホテル〈京都堀川〉

2日目(2月28日)

「哲学の道」から琵琶湖疎水のインクラインをブラタモリして、大阪・堺東に移動する

 <22,000歩>
 ホテル1-2-3堺

3日目(3月 1日)

NHK大阪放送局・大阪歴史博物館・大阪城観光後、堺市に戻り、市役所21階展望所および反正天皇陵を拝観する

 <17,000歩>
 ホテル1-2-3堺

4日目(3月 2日)

履中天皇陵、いたすけ古墳を巡り、博物館で情報を深め、仁徳天皇陵を散策し、新大阪から帰路に着く

 <18,000歩>


 3月2日最終日は3日目と4日目を入れ替えたため、時間に余裕が生まれ、予定の新幹線より約1時間30分ほど早い「ひかり」に乗って帰ることができた。
 4日間を通してスマホの万歩計は〈75,000歩〉を数えた。古(いにしえ)を訪ねるウォーキングは予想以上の充実感を味わうことができ、今回の旅は大成功に終わった。
 機会があったら、また、こんな旅をしてみたい。


平井さんの自撮り棒写真

旅 人

松原 業

小川 武

平井義雄

澁井栄蔵

小川恭子

澁井祐子

高橋良子

 


写真:澁井,平井、恭子,小川