雨にも負けずMMC初のルートを登る
9月15日   高尾山   23名

 夏から秋へ替わる9月は雨が多い時期だ。これまで幸いにも天候に恵まれMMCだったが、今回は雨確実の予報になった。予定したイベント場所の富士見台園地の東屋は、MMC全員が雨宿りできるほど広くない。
 前日、インベント場所の変更について幹事の間でメールが行き交った。今回のルートを提案してくれた亀澤さんから、高尾山頂上から下った所にある東屋を利用する提案があり、決まった。
 恭子さんから、“秋本さんとケーブルカーを利用して早く着き、東屋を確保する”とのメールが入り、雨で登山者が少ないことを期待してお願いした。


 予定より早い電車に乗れたので、9時前に京王高尾駅到着した。私たちより早く着いた良子さんとJRの改札口に行くと、篠田さん、大村さん、庄子さん、堀井さんが駅にある喫茶店に入っていった。
 本降りの雨に駅で雨宿りしている人が多い。篠田さんに予定より一本早い9時12分のバスで先行すると連絡し、バス停に行くと松原さん、亀澤さん、千葉さんが到着。亀澤さんに32分発のバスに乗車するメンバーの確認をお願いして松原さん、千葉さん、良子さん、祐子と私の5人で一足先に日影キャンプ場に向かった。
 日影キャンプ場には、雨にもかかわらず一張りの大型のテントが設営されていた。

 32分発のバスの乗った全員が日影キャンプ場に到着。レインウエアやスパッツで雨対策が終わり、澤田さんが参加者を確認すると21名だ。ケーブルカーを利用して東屋の場所取りをお願いした2名を加えると雨に負けないメンバーは23名だ。
 今日のコースは、高尾山に精通した亀澤さんに提案してもらったMMC初のルートだ。コースリーダーの亀澤さんを先頭にキャンプ場を出発。


澤田幹事が参加者確認

郵便道コースの登り口

 キャンプ場から舗装された林道を上り、左手に四角いコンクリートの水道施設が見えたら6差路へ登る郵便道コースの登り口だ。日影キャンプ場に下る林道を何度も歩いているが、ここに6差路に登る道があることを初めて知った。
 気温は低いが湿度が高く、レインウエアを着て林道を上ってきたのでサウナに入ったように暑い。登り口でレインウエアを脱ぎ傘だけで登ることにした。
 地図で見ると登り口から6差路までの距離は、緩い坂道と山道の登りの違いがあるが、キャンプ場から登り口までと、さほど変らないようだ。

 山道は高尾山に登る他の登山道に比べ、岩や大きな石がなく、歩きやすい。ヤマジノホトトギスが登山道に沿って咲いている。立ち止まって傘を差してレンズに付いた雨水を拭き取り写真を撮っていると前との間隔が空くが、なかなか追いつけない。


傘を差して

歩きやすい登山道だ

傘の列

ヤマジノホトトギスが咲いていた

 かなり登った頃に、すでに到着した秋本さんから無線が入った。雨で登山者が少なく東屋が使えるようだ。
 郵便道を登るともみじ台下の冬にシモバシラが見られる林道に出た。林道を左に進むと6差路に到着。さらに石段を上って東屋に到着した。大きめの東屋も23名が入るには小さい。
 早速、焼きそばが始まった。シェフ初登場の小俣さんも焼きそばに挑戦、亀澤さんはソーセージ、千葉さんはピーマン、シシトウを炒めている。森本さんはホットケーキを焼き始めた。
 ソーセージとピーマン、シシトウを炒めたフライパンは焼きそば用になり、シェフは小俣さん、千葉さんから澤田さん、斎藤さんに代り、亀澤さんと合わせて3つのフライパンがフル稼働になった。


小俣シェフは初登場

東屋は満員 ザックは傘で雨よけ

シェフはいつもの澤田さん、斎藤さんに代った

話が弾んでいます

焼きそばの味は如何でした

森本さんはホットケーキ

 焼きそばの後は、千葉さんが持ってきた大きな房のブドウがテーブルに並んだ。大粒の甘くて美味しい季節の味だった。


メル友3人組

カップホルダー付のお皿はMMC専用ですか
大きな房のブドウが並んだ

 焼きそば、ブドウがメンバーのお腹に収まった後、秋本さんと千葉さんの「傘寿のお祝い」が始まった。千葉さんへは4月が傘寿だった大沼さんから、秋本さんへはMMC幹事長老の亀澤さんからお祝いの傘が贈られた。


大沼さんから千葉さんへ

亀澤さんから秋本さんへ

傘寿二人組

 今年は12月までに傘寿、喜寿、古希の人が18名と、これまでで最も多い人数になり、MMCも高齢化が進んでいることを実感した。

 田中さんの記念写真は、傘寿の秋本さんと千葉さんを真ん中に、全員の笑顔が素晴らしい一枚が撮れた。だが、小川さんは体調を崩しお休みなのが寂しい。早く体調を回復され記念写真に加わることを願っています。

雨に負けない23名の笑顔が並んだ
拡大したいところにカーソルを合わせてください(拡大しないときはこちら)


仁王門前で

 帰りは薬王院を通らず下道を歩き、亀澤さんと小俣さんの萬行札を確認して、霞台で解散した。
 ケーブルカー利用、蛇滝コース、2号路から病院コース、一号路コースの4つのコースに分かれて帰路についた。

 雨の中、お疲れさまでした。


 


文:渋井  写真:渋井、田中、恭子


日影郵便道・蛇滝組